スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
二大ギタリスト夢の共演!
ブルーノート東京に初めて行ってきました。

世界的なバンド「TOTO」の中心人物で
名ギタリストのスティーブ・ルカーサー
元エクストリームのヌーノ・ベッテンコート



この二人の夢の共演です!

我がバンドのギターのバッキーさんが
大のヌーノファンで、彼の強力なプッシュにより
メンバーこぞって、このライブを見に行ってきました。

ブルーノートは特殊な仕組みになってるとこで、
まずは発売日などに普通にチケットを予約するんですが、
ライブ当日配布される整理券をもらった順に入場となるので
いい席で見ようと思うとけっこう大変なのです。

そうして熾烈な整理券獲得合戦を経てやっと入場できるのですが、
会場内の撮影は一切禁止。
ちょっとでも携帯を広げようものなら、
すぐ店員が飛んできます!
このブログに載せるネタを、と思って
僕も2回ほど挑戦したのですが、見事に遮断されました。
公演中ならまだしも、店の様子すらアウトとは
どういうことなんでしょうね〜

ま、それはさておき、
会場自体は横長で300〜400人くらいしか入らないので
ステージからの距離が近くてよかったです。
ほんとよく見えました。

ライブについてですが、
アドリブをやってる時間が非常に長く、
約1時間半のライブなのに
演奏した曲はわずか7曲!
びっくりですよね〜

一般の人が見てたら退屈きわまりないと思いますが
音楽やってる人やマニアには面白いライブだったと
思います。

そしてライブ後、たまたま外に出てきたルークを発見し、
チケットの裏にサインをもらいました。



ちょっと字がヨレヨレしてて、やる気なさそうですが、
多少酔っ払ってたぽいのでご勘弁を(笑)

ブルーノートは料金も高いですし、システム的にも
少々面倒ではありますが、近くで見れる利点があるので
興味のある方はぜひどうぞ!
| 音楽 | 10:19 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 10:19 | - | - | ↑TOP
この記事のトラックバックURL
http://dancho1.jugem.jp/trackback/120
トラックバック
 ( 購読無料― ほぼ週刊配信)
 ― 日々のステキな“ちょっと”をお届けします。―  
  “団長わくわくメール新聞”

 ●お名前
 
 ●メールアドレス
 
 
夢は見つかる。必ず叶う!
―今、あなたに伝えたいこと


プロフィール
団長はここに!
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
最新記事
ジャンル別内容
バックナンバー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
サーチ:
キーワード:
Powered by "JUGEM"