スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
新聞に掲載されました!
本発売のタイミングに
たまたま重なったのですが、
このほど新聞2紙に僕のことが掲載されました!


1つは、読売新聞です。

先に僕が渡英してレコーディングした
ポール・マッカートニー生家で流れる
日本語ナレーションについての記事です。

レコーディング時の写真入りで紹介されました!


2つめは、出版業界紙「新文化」です。

この新聞は出版社や書店など
業界では必須の有名新聞です。

6月15日号の一面にて
「年間1,000冊読書するロックスター」として
僕のことが紹介されました。

もちろん、写真入りです(笑)

新宿の雑踏で撮影されました(笑)


ネットでも閲覧できるようにしましたので
よろしかったら、ぜひご覧ください。


読売新聞はコチラ

新文化はコチラ

| 音楽 | 16:15 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
今年、最初で最後のライブ!
大変長らくお待たせしました!

一里塚華劇団、
いよいよ今年初ライブを行います!

武道館前夜祭、前哨ライブともいえる
スペシャルライブですが、
今年のライブはこの1回きりです。

2005年、最初で最後のライブです。


…そして衝撃の超重大発表があります!!


笑いたっぷり、そして心の底から熱くなる
この感動のドラマをぜひ一緒に味わいましょう!

あなたのご来場を心よりお待ちしております。

------------------------------------

日時:8月25日(木)19:20〜21:30
   (前座18:30〜19:10)

会場:原宿アストロホール
  (JR原宿より徒歩5分、地下鉄明治神宮前より3分)

料金:3,000円(前売)
   3,500円(当日) 
   ※8月5日までのお申込みに限り
    特別チケットがあります。

◆お申込みは、コチラからどうぞ!
| 音楽 | 14:04 | - | trackbacks(37) | ↑TOP
10,000人サイン会開始!
一里塚華劇団の日本武道館ライブの際に、
全国の応援者の方のサインと夢を飾る

「1万人サイン会ツアー」

いよいよ6月22日よりスタートしました!


出発点には、新宿紀伊国屋を
選びました。

アクセスがよく、名も知れてるという
こともあるのですが、
僕の兄貴分である、作家の平野秀典さん
出版記念講演がありまして。

平野さんにとって、
紀伊国屋ホールの舞台に立つのが
長年の夢だったそうなんです。

夢いっぱいの企画ですから、
そんな夢の舞台から
スタートできたら最高だな、と
思いまして、便乗しました(笑)

正式な時間をお伝えしなかったにも
関わらず、多数お問い合せいただいて
サイン会は大盛況!!

ズラリとサインが集まりました!!



感動です〜!!!

皆さんお1人お1人の想いが
うれしくて、一段とヤル気が出ました〜

夢いっぱいです!!

これから、どんどんやっていきますので
よろしくお願いします!!

| 音楽 | 13:55 | - | trackbacks(1) | ↑TOP
ライブレポートの追加!
ライブレポートの続きです。

昨日初めて来ていただいたkoseさんが
ご自身の日記で
詳しくレポートしてくれています。

写真も豊富で、会場での様子も書かれていて
臨場感もたっぷりです。

最高に嬉しいです〜

ぜひ、こちら をご覧ください!

koseさん、どうもありがとうございます!


↑昨日初登場した新一里塚名物の“うちわ”です
              (写真:koseさん)
| 音楽 | 23:59 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
ライブ終了御礼!
一里塚華劇団の年末特別ライブ「紅白歌合戦2」、
おかげさまで無事終了しました。

年末のお忙しく、また雪で足元の良くない中、
本当にたくさんの方にご来場いただき、
本当にどうもありがとうございました!

小学6年生からお孫さんのいらっしゃる方まで
年代を超えて一堂に会して、楽しく盛り上がりました。

重大発表も公表することができましたし、
今年最高の一夜になりました!!

熱く厚く御礼申し上げます。

昨日のライブの模様を
ライブの後援者で特別プロデューサーの
平野秀典さんのHPで写真入りで、
作家でアロマテラピストの恒吉彩矢子さん
日記で紹介してくれています。

こちらをさっそくどうぞ!

平野さんHP

恒吉さんの日記

平野さん、恒吉さん、どうもありがとうございます!

| 音楽 | 21:54 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
感動エンターテイメントロックショー!
12月29日夜、吉祥寺にて
感動のエンターテイメントロックショー
「紅白歌合戦2」が行われます。

この日、新たな歴史の扉が開く!?

何が起こるかは、あえて言いません。

ただ1つ言えること…

それは、

一生に一度見れるかどうかの
熱き感動のひとときが、あなたを待っています。

詳しくはこちらをどうぞ!
| 音楽 | 21:54 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
唯一無二の声
忘年会やら何やらで、
徐々に年末疲れが出てくるこの季節に
ピッタリのオススメCDを紹介します!

NHK大河ドラマ「新撰組」の主題歌を歌ってる
ジョン・健・ヌッツォの新作
テノリッシモ です。



僕はNHKの「英語でしゃべらナイト」に彼が出演してるのを
たまたま見て知ったのですが、
その場で軽くサラっと歌ったその声の豊かさに
一発で惚れ込んでしまいました(笑)

ジョンが進学した大学の先生は
その声を「神からのギフト」とまで言って
絶賛したそうですが、納得できます。

クラシック系の歌は、あまり好きじゃなかったのですが
ジョンは別です。
やわらかく、豊かな表現力は
彼独特のもの、という感じで大好きです。

先日、コンサートにも行ってきましたが
最高でした!

このアルバムは名曲揃いですし、
ぜひ聴いてみてください。
超オススメです!!
| 音楽 | 14:29 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
二大ギタリスト夢の共演!
ブルーノート東京に初めて行ってきました。

世界的なバンド「TOTO」の中心人物で
名ギタリストのスティーブ・ルカーサー
元エクストリームのヌーノ・ベッテンコート



この二人の夢の共演です!

我がバンドのギターのバッキーさんが
大のヌーノファンで、彼の強力なプッシュにより
メンバーこぞって、このライブを見に行ってきました。

ブルーノートは特殊な仕組みになってるとこで、
まずは発売日などに普通にチケットを予約するんですが、
ライブ当日配布される整理券をもらった順に入場となるので
いい席で見ようと思うとけっこう大変なのです。

そうして熾烈な整理券獲得合戦を経てやっと入場できるのですが、
会場内の撮影は一切禁止。
ちょっとでも携帯を広げようものなら、
すぐ店員が飛んできます!
このブログに載せるネタを、と思って
僕も2回ほど挑戦したのですが、見事に遮断されました。
公演中ならまだしも、店の様子すらアウトとは
どういうことなんでしょうね〜

ま、それはさておき、
会場自体は横長で300〜400人くらいしか入らないので
ステージからの距離が近くてよかったです。
ほんとよく見えました。

ライブについてですが、
アドリブをやってる時間が非常に長く、
約1時間半のライブなのに
演奏した曲はわずか7曲!
びっくりですよね〜

一般の人が見てたら退屈きわまりないと思いますが
音楽やってる人やマニアには面白いライブだったと
思います。

そしてライブ後、たまたま外に出てきたルークを発見し、
チケットの裏にサインをもらいました。



ちょっと字がヨレヨレしてて、やる気なさそうですが、
多少酔っ払ってたぽいのでご勘弁を(笑)

ブルーノートは料金も高いですし、システム的にも
少々面倒ではありますが、近くで見れる利点があるので
興味のある方はぜひどうぞ!
| 音楽 | 10:19 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
面白い音楽サービス!
面白いサービスができたみたいです。
誰でも一度は感じたことがあるんじゃないでしょうか。

以下を読んでみてください。


●聞こえた楽曲にケータイかざして曲名検索、NTTレゾナントが開発
 
NTTレゾナントは、携帯電話機を使って楽曲を検索する「サウ
ンド入力型楽曲検索
サービス」を開発した。街角や店舗内などで楽曲名が分から
ない音楽を聴いた場合、
ユーザーは検索用の電話番号にダイヤルして接続した状態で
その音源に携帯電話機
を15秒程度かざす。接続先の検索サーバは、その音を基に楽曲名を検索する。

■詳しい内容はこちらからご覧いただけます。


| 音楽 | 09:26 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
秋の夜長に聴きたい音楽
最近、いいなぁと思えるアルバムが何枚かあります。

それらを何回かに分けて紹介しますね。

まず、久々にこれぞ大人の味!という
グッときたアルバムを1つ。

ベテラン凄腕ミュージシャンが集まってできた
カバーアルバムなんですが、
誰でも知ってる名曲「青い影」(聴けば絶対わかります)を始め
驚くほどの名曲のオンパレード!
私、すっかりハマってます!!

そのアルバムの名は
ジ・エンドレス・ジャム で、
シェンカー-パティソン・サミットが出してます。

ちなみに、この“シェンカー”とは、
一昔前に「神」と呼ばれるほどの
カリスマ的人気を誇った世紀のギタリスト、
マイケル・シェンカー
僕の大好きなプレイヤーの一人です。

正直、最近のアルバムはあまり好みじゃなかったんですが、
この「ジ・エンドレス・ジャム」では
最高の演奏を聴かせてくれてます。

秋の夜長に、この大人のアルバム…
心からじっくり味わえる逸品です。

ぜひ聴いてみてください!

| 音楽 | 01:45 | - | trackbacks(0) | ↑TOP
 ( 購読無料― ほぼ週刊配信)
 ― 日々のステキな“ちょっと”をお届けします。―  
  “団長わくわくメール新聞”

 ●お名前
 
 ●メールアドレス
 
 
夢は見つかる。必ず叶う!
―今、あなたに伝えたいこと


プロフィール
団長はここに!
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
最新記事
ジャンル別内容
バックナンバー
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
管理者ページ
RSS1.0
Atom0.3
サーチ:
キーワード:
Powered by "JUGEM"